英文研究室「世界文学のスーパースター、 夏目漱石とウィリアム・シェイクスピア」(Two Superstars of World Literature: Natsume Sōseki and William Shakespeare) 2016年9月19日開催


【講師】ダミアン・フラナガン(Damian Flanagan)氏

【日時】平成28919日(月・祝)17:00より

【場所】東京大学法文3号館5階 英文辞書室

*参加費無料・事前申し込み不要

 

今年は、夏目漱石没後百年記念と、シェイクスピア没後400年記念が重なります。日本の文豪夏目漱石と世界の文豪ウィリアム・シェイクスピアを比べると、何が見えてくるでしょう。果たして漱石は、シェイクスピアに比肩しうるほどの世界レベルの「文豪」と言えるでしょうか。

実のところ漱石は、小説家としての第一歩を踏み出したときから、シェイクスピアを相手に果敢なシャドーボクシングをしていたようなものでした。シェイクスピアのお蔭で、漱石は作家になることができたともいえます。漱石とシェイクスピアの興味深いつながりがわかれば、漱石文学に対する新しい視座がひらけます!