第16回ホームカミングデイ文学部企画
「読むべきか、読まざるべきか―本との新たなつきあい方」 2017年10月21日開催



東京大学文学部では、ホームカミングデイにて下記の企画を開催いたします。

卒業生をはじめ、一般の方もぜひご参加ください。

 

 

第16回 東京大学ホームカミングデイ文学部企画

「読むべきか、読まざるべきか――本との新たなつきあい方」

パソコンやスマホが行きわたり、インターネットが普及した現在、

それでも本を読まなければならないとしたら何故なのか。

文学部教員が21世紀の読書論を提案する。

 

1.基調報告 
    佐藤 健二 文学部長

2.パネルディスカッション
司会 :野崎 歓 (文学部教授・フランス文学)
参加者:渡辺 裕(文学部教授・美学芸術学)
    三枝 暁子(文学部准教授・日本史学)
    諏訪部 浩一(文学部准教授・英米文学)
    佐藤 健二(文学部教授・社会学)

 

【日 時】 2017年10月21日(土) 14:30~16:30(開場14:00)

【場 所】 東京大学本郷キャンパス法文2号館1番大教室

 

入場無料

事前申込の必要はありません。

卒業生・在学生・教職員のほか一般の方もご参加いただけます

 

問い合わせ先:shomu[at]l.u-tokyo.ac.jp(文学部総務チーム)
    *[at]を@に入れ替えてお送りください。

 

東京大学ホームカミングデイのウェブサイトはこちら